ハウスクリーニングの大阪マルカン
エプロンブログ

先日日経新聞の記事で、
【何でもランキング】
面倒だと思う大掃除の場所はどこですか?
1位 台所の換気扇 
2位家具と壁の隙間の埃
3位浴室の天井
だそうです。
皆様はいかがですか?
やはり、台所の換気扇や、ガスレンジってがんばって洗おう!と思って、いざやってみると、
頑固な油汚れは、洗剤いっぱいふって磨こうとしても、
その部分だけとれたり、ポタポタ垂れてきたり、、溝の部分はできなかったり、むずかしいですよね。。。(><)
弊社でも依頼NO.1がキッチンクリーニングです。(水周りシステムコース)
お勧めは、年1、2回(汚れ具合によります)プロに任せて、定期的に自分でケアするやり方ですね!
レンジフードなどの、清掃方法など、お掃除にお伺いしたときにケアクリーニング方法もお教えできますのでぜひお試しください♪

adoramu.jpg レンジフード換気扇内のドラムです。この中でファンが回っています。

レンジフード換気扇の中で最も油が溜まるところです。


adoramugo.jpg
レンジフード換気扇ファンを取り外してレンジフード換気扇ドラムの中まで作業範囲です

筒状のハネ(レンジフードファン)が取り付けられているレンジフード換気扇ドラムの中を

ご覧になったことはありますか?

レンジフード換気扇ドラムの中は油が外に逃げないようにするために油汚れが溜まる

仕組みになっています。専用の油用洗剤でシッカリ落とします。

中央の軸がモーターですがモーターは掃除ができません。


中にはレンジフード換気扇の表面だけしか掃除クリーニングしない業者もあるようですが、

当社は分解できるものは全て取り外します。専用洗剤ですべてキレイに掃除クリーニングします。

ahuudogo.jpg 分解後の写真です。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 面倒だと思う大掃除の場所はどこですか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://markan.jp/mt/mt-tb.cgi/184

コメントする

名前

メールアドレス

URL

コメント (スタイル用のHTMLタグを使うことができます)

ひとつ前のブログ記事は「年末の大掃除!!」です。

次のブログ記事は「壁面高圧洗浄 ~冬~」です。

お掃除ページここまで