ハウスクリーニングの大阪マルカン

社長ブログ

連日の猛暑。。
エアコンが無くては生きていけない国になりましたね。
先日、自宅のエアコンをつけるのですが風の勢いが以前の半分くらいに、リモコンでパワフルにしても弱い。
もしや!!とエアコンのカバーを開けてみるとΣ(・□・;)
IMG_6856.JPG

埃がわっさわさ(涙)
お掃除屋さんの自宅がこれじゃダメですね(汗)
IMG_6857.JPG
エアコンはこのフィルターのついている吸気口から室内の空気を吸って、フィルターの奥にある熱交換フィンで冷やされた風が送風口から噴き出しています。
ですので、このフィルターが目詰まりしていると空気が吸えない状態。
人で例えるとマスクを3枚ほど重ねて息を吸うような状態です。
これではエアコン本体のモータにも負担がかかりますし電気代もかかるばかりなので非常にロスが大きい。
早速、フィルターを外して掃除します。
IMG_6859.JPG
ひどい状態やなー。。
まずは掃除機でホコリをきれいに吸います。
そのあとでフィルタを洗剤で綺麗に洗います。
IMG_6867.JPG

ワンダフル!
きれいさっぱりです。
IMG_6865.JPG
早速エアコンをつけてみるとゴーゴー音を立てて冷風が出るようになりました(笑)

で、これは弊社で言うノーマルエアコンです。

世の中にはフィルターを自動でお掃除してくれる自動おそうじ機能エアコンがありますよね。
そちらはどうでしょうか?
リビングのエアコンがそうなので早速カバーを開けてみます。
なんということでしょう!
埃はほとんどありませんでした。
IMG_6861.JPG
IMG_6862.JPG
ね。

まあしかし熱交換フィンや送風ファンのところにはカビたちがやはり生えています。
45046320.JPG
自動おそうじ機能というのはあくまでもフィルターだけをお掃除してくれる機能なので内部や送風口の洗浄は定期的にしないとだめですね。
ちなみに自動お掃除機のがフィルターの埃を掃除した後そのほこりはどうしてると思いますか?

機種によって違いますが、ほとんどはベランダの排気口から埃を吐き出していますΣ(・□・;)
コロコロの埃がベランダにぽろぽろと落ちているのはそれですよ。。

それとノーマルエアコンと自動お掃除機のがついているエアコンの洗浄の値段のって全然違いますよね。
これはノーマルエアコンはフィルターとカバーとレーバーを外せばほとんどの機種は内部まで洗浄が可能なのに対して自動おそうじ機能付きのエアコンはおそうじユニットっていうフィルターを自動でお掃除してくれる機械をバラバラに分解しないとだめなのでかなり難しい作業になります。しかもいろんなメーカーがあるのでとても技術と時間が必要になるので価格も全然違うんですよー。

さあ。まだ夏は始まったばかりです、自宅で熱中症にならないようにたまにはエアコンのフィルターの点検を行いましょう。。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エアコン機能紹介

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://markan.jp/mt/mt-tb.cgi/906

コメントする

名前

メールアドレス

URL

コメント (スタイル用のHTMLタグを使うことができます)

ひとつ前のブログ記事は「お好み焼きjn名古屋」です。

次のブログ記事は「ガッツくん。」です。

お掃除ページここまで