ハウスクリーニングの大阪マルカン

社長ブログ

盆も終わりましたが残暑厳しい日が続きますね。

今年の夏、一番売れた商品はもちろんエアコンの分解クリーニングです。

家庭用はもちろん店舗やオフィスに設置されている業務用のエアコンクリーニングを今日はご紹介します。

今回の写真提供は名古屋店の東島店長からです。

お店は創作レストランです。

約1年間の汚れのエアコンです。
A1.JPG
まずは表面の化粧パネルやフィルターを外した状態。
ビフォー
A1-2.JPG
アフター
B2.JPG
内部の熱交換アルミフィンここが汚れていると温度を下げる効率が悪くなるのと臭いがします。
目に油がびっしり詰まっています。
ビフォ-
B2-1.JPG
薬品と高圧洗浄機で汚れを浮かせながら何度も洗浄します。
洗浄中
B2-2.JPG
アフター
汚れが完全になくなるまでおそうじらぼは徹底的に洗浄します。
ちなみにここの部分はエアコンを組み立ててしまったらお客様は確認できませんので、おそうじらぼでは現地で立ち会い難しい場合は写真を撮り確認していただいております。
C3.JPG
ビフォー
外した化粧パネルとフィルターですね
C3-1.JPG
アフター
D4.JPG
ビフォー
こちらも分解したパーツですね。
D4-1.JPG
アフター

最後に内部洗浄を行った時に出た汚水。。
E5.JPG

結構汚れていますね。

このような感じで業務用のエアコンの場合は1年間で冷暖房ガンガンかけることが多いと思いますので、やはり汚れの蓄積具合は一般家庭のエアコンと比にならないくらいすごいです。
店舗やオフィスでエアコンの効きが悪いなーとか嫌なにおいがしてきた、水がぽたぽた漏れてくるなんて症状が出ましたらぜひおそうじらぼまでご一報ください。。

すぐさま駆け付けます。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 業務用エアコン分解クリーニング

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://markan.jp/mt/mt-tb.cgi/911

コメントする

名前

メールアドレス

URL

コメント (スタイル用のHTMLタグを使うことができます)

ひとつ前のブログ記事は「帰省。」です。

次のブログ記事は「解体工事」です。

お掃除ページここまで