ハウスクリーニングの大阪マルカン

リフォーム

介護リフォーム

介護リフォームとは

バリアフリー住宅改修の費用支援制度

生活がしやすいように住宅を改修・バリアフリー化した場合に要した費用の9割 (限度額20万円)を支給することにより、在宅の介護を支援する制度です。 介護保険を利用すれば、費用の1割を負担するだけで、介護に必要な住宅の リフォームをすることができます。しかし、制度の内容をよく理解していないと、 給付を受けられないこともあるのです。

介護保険の住宅改修って

住宅改修は原則1度しか給付を受ける事ができません。

20万円の範囲内であれば、数回に分けて使う事はできます。
1度に3段階介護度が上がった場合、居住地が変わった場合は再度利用可能です。

介護保険の被保険者証はお持ちですか?

要介護認定を受け被保険証を持っていれば、介護給付が受けられます。

改修費は限度額を超過していませんか?

支給限度基準額 20万円介護保険から支給されるのは住宅改修費の9/10になります。

限度額20万円-自己負担2万円=18万円

※改修費が20万円を超えた場合、その部分は全額自己負担となります。

介護保険と対象となる住宅改修ですか?

-----------

改修した後で給付を受けることになります。

-----------

介護リフォーム モデル事例&価格(税別)

手すりの取り付け

廊下の手すり取り付け-介護リフォーム価格1万円台

廊下、便所、浴室、玄関等に関して、移動を助けたり、転倒を予防するものであること。

廊下の手すり取り付け前

介護リフォームビフォーアフター

廊下の手すり取り付け後

段差解消

畳からフローリングの床のかさ下げ価格10万円以下

居室、廊下、便所、浴室、玄関等の床の段差及び玄関から道路までの通路等の段差を解消する改修であること。ただし、「昇降機・リフト・段差解消機等動力により段差を解消する機器の設置工事」は除く。

廊下の手すり取り付け前

介護リフォームビフォーアフター

廊下の手すり取り付け後

滑り防止等床面の材料変更

車椅子では動けない為フローリングにしました価格1万円台

滑りを防止、あるいは移動を円滑にするためのものであること。
居室:畳式から板製・ビニル系床材等への変更
浴室・通路:滑りにくいものへの変更 等

廊下の手すり取り付け前

介護リフォームビフォーアフター

廊下の手すり取り付け後

扉の取替え

ドアを引き戸に取替え価格1万円以下

引き戸への変更など扉全体の取替え及び扉の一部の取替え。 引き戸への取り替えにあわせて自動ドアとした場合は、自動ドアの動力部分の設置に関する費用は保険給付対象外になる。

廊下の手すり取り付け前

介護リフォームビフォーアフター

廊下の手すり取り付け後

引戸リフォームにより場所をとらず容易にドアが開くようになりました。

便器の取替え

和式トイレから洋式トイレへの改修価格10万円以下

和式便器から洋式便器への取り替え工事であること。
「和式便器から、暖房便座・洗浄機能等がついている洋式便器への取替え」は 対象となるが、既に洋式便器であった場合でこれらの機能を付加する改修は対象外。

取り付け前和式トイレ

介護リフォームビフォーアフター

取り付け後洋式トイレ

お掃除ページここまで

作業エリア
大阪
京都
兵庫
奈良
滋賀
和歌山
カード決済 協力会社募集